悪臭のもとの恥垢は

多くの男性に発生する真珠様陰茎小丘疹は、ペニスの亀頭で発生することが多い特徴ある小さなブツブツを指す名称です。セックスが原因の性病に違いないと間違われてしまうことが珍しくないのですが、結局は普通の生理的なものなのです。耐え難いニオイを発生させたり、個人差がありますが、尿道炎や亀頭包皮炎といった病気に苦しめられるなんて恐れもあるから、可能な限り恥垢は丁寧に洗ったり布などで拭ってやるとうまくいきます。

 

プロじゃない人間が見ると、フォアダイスだろうと決めつけていても、実際は怖い性感染症の尖圭コンジローマの症状だったなんてケースも相当あって、性病に対応している病院で治療を行う方が多くなっています。フォアダイスを解消するための手術は、包茎治療の際の手術のように、局所麻酔で受けられます。治療の際は電気メスで陰茎のブツブツを除去するのですが、出血を伴うようなことはほとんどないのです。

 

長すぎる皮を切り取った場所にできる傷口を縫い合わせたラインを境界線として、古いところと新しいところのカラーに差があります。この現象が皆さんにツートンカラーなんて呼ばれている所以なのです。亀頭直下法による手術なら、新旧の皮の縫合線が亀頭のすぐ下のところになるので、手術完了後に恥ずかしいツートンカラーにならないのです。この頃は傷跡が気にならない亀頭直下法が、包茎手術で最も多い方法になっているのです。

 

悪臭のもとの恥垢は、バルトリン腺及び尿道球腺液、その他体内からの分泌物などが乾燥して亀頭の周囲や包皮との間に残っている垢の名前です。よくわからない物質のように思われますが、一言でいえばへばりついたおしっこと精液のカスです。ペニスの付け根部分や陰嚢とかお尻の方などというような、尖圭コンジローマが原因の感染症状が、コンドームをつけても覆えない位置に存在している場合、SEXすればいつも女性まで感染させてしまう危険性があるのです。

 

普通、男の人は繊細で、復活するのも上手にできない人がほとんどですから、そんなに早漏だと重くとらえ過ぎるのは、やめないといけないと言えるでしょう。本当のところ、包茎治療を行うのと同じときにやっている方がほとんどなんですが、包茎手術の完了後に、数週間程度してから亀頭増大を行う男性ですとか、亀頭増大だけ受ける男性などそれぞれ違うのです。包皮に締め付けられて鬱血状態が深刻化すれば、亀頭を形成している細胞の壊死につながります。

 

もし細胞が壊死したら、どうあがいても元の状態にはなりません。こういう理由があるので、重症のカントン包茎については力任せにむくのはダメなのです。ネットでも見かける包皮小帯温存法の正体は、普通はやらない術式による包茎を治療するための手術のことです。学術的な正式名称は統一されておらず、各医療機関によって使用する名称は違うのです。現実には軽い仮性包茎の方なら、上手に包皮をめくって洗うことによって、不潔になることを防げます。

 

垢がなくなればニオイが気になることもありませんし、包茎であって早漏にはなっていない人も多いのです。軽度の仮性包茎の状態でも、包皮を定期的に剥いてキレイな状態にしていない場合は、真性包茎の方と一緒で、恥垢だらけの状態になって、不潔な環境になるのです。


このページの先頭へ戻る